Amazon Kindle(キンドル)タブレット

タブレット
02 /05 2016

Amazonアマゾンタブレットの評判や口コミは

 


 

f:id:blo0001:20150227164413g:plainAmazon Kindle(アマゾン キンドル)の特徴

 Amazon Kindleは電子書籍リーダーで、4GBの容量があり、ディスプレイは6インチで解像度167ppiです。ディスプレイにインクを閉じ込めた電子ペーパーを採用しているため、紙の本に近い読み心地で、ライトを内蔵していないためまぶしさがありません。

 充電はパソコンからUSB接続して約4時間かかり、バッテリーは、ワイヤレス接続を使わずに1日30分読書する場合数週間持続します。Kindleの大きさは16.9×11.9×1.02cmで、重量は191gと片手で持てるサイズです。

 またamazon kindle fireシリーズでは、電子書籍を楽しめるほか、Webやミュージック、アプリやゲーム、写真撮影など幅広く活用できます。キンドルストアで購入した電子書籍はクラウドに無料で保存されるので、データを紛失して書籍を読めなくなることがありません。

 電子書籍のダウンロードは内蔵Wi-Fiを使って行い、ページ移動などの操作は画面で行います。ページを移動しなくてもプレビューでき、進捗バーを使って好きなページをプレビューしてページをめくることができ、そのページに移動することもできます。

 フォントの種類とサイズ、行間、余白を設定できるほか、辞書と単語帳作成、検索機能、メモとハイライト、ページのブックマークなどの機能がついています。画像を拡大縮小するには、画像を長押しして表示されたアイコンをタップします。そして、カバーを閉じるとスリープ状態になり、カバーを開くとスリープが解除されます。さらに、Word、PDF、JPEG、HTMLなどのファイルを、キンドルEメールアドレスに送信すると、クラウドに保存され、Kindleフォーマットで見ることができます。

 Kindle PaperwhiteとKindle VoyageがKidleと異なる点は、フロントライトがついていて、ディスプレイが212ppiと300ppiで、接続にWi-Fi+無料3Gを使えることです。ディプレイサイズと容量は同じで、本体の厚みと重量は少し違います。

 2015年2月10日現在、Kindle、Kindle Paperwhite、Kindle Voyageの価格は、順に6980円、1万280円、2万1480円です。Fireタブレットシリーズの価格は1万1800円から4万980円と性能やディスプレイのサイズなどにより様々です。

 レビューで多いのは、Kindleの操作はスムーズで読書しやすく、幅広い年齢の方が満足しています。Kindleの背景色がややグレーがかっている点については、活字を読むには差し支えないという意見と、Kindle Whiteのほうがコントラストがはっきりして読みやすいという意見に分かれます。(詳しい口コミや評判などは下記参照。)

 

f:id:blo0001:20150214114317g:plainキンドルの長所・メリットとは

 Amazon Kindle paper whiteを2013年の冬から使用しています。最初に手に取った感覚は、なんて軽くて手に負担がかからないんだと驚きました。そしてサイズ的にも女性の手の中に収まり、持ち運びも大変便利だと感じました。

 また充電も長持ちし、毎日充電しなくても良いというのが嬉しい点です。Kindleで嬉しいのは、無料の日本語の本も英語の本、また漫画、コミック、成人向けのものまで沢山あることです。

 有名な本ですと、サンプル本でダウンロードし 一定のところまで無料で読むことができます。それを読んでから、本購入をするかを検討できる有り難いサービス付きです。

 最近サンプル洋書を読み、続きがどうしても気になりこの洋書を購入しました。またこちらの本は、3冊の連続物でディスカウントもされていてお財布的にも助かりました。

 もしこちらのものを、紙に印刷された本で購入する場合はかなりのページ数があるので 重さもありますし、持ち運びも大変です。そして1冊の値段もKindleより高く、Kindleで購入できて良かったと思いました。

 無料の日本語の本も沢山あり、大変有難く活用させていただいています。大人になって読み直したいなと思う懐かしい夏目漱石、芥川龍之介の本など無料で読むことができるなど、今は毎日Kindleを手放すことができません。

 文字の大きさ、画面の明るさなども調整できますし本当に素晴らしいとしか言葉にできません。とにかく重い大きい洋書を手で運ばなくて良いという点に関しては、非常に満足してます。

(評判・口コミ投稿:匿名希望、女性)

 

f:id:blo0001:20150214114317g:plainキンドルを使って良かった所や評価は

 アマゾンのkindleで電子書籍を楽しんでいます。以前から本を買う時はアマゾンで購入する事が多かったです。本が増えていくにつれ収納スペースに困った事、処分するにも手間がかかるので評判がいいkindleの購入を決めました。

 最初は画面上で本を読むなんて~と思っていましたが、使ってみると違和感なく読めてすぐに慣れる事が出来ました。

 操作が簡単なので読んでいてもイライラ感が無く、思っていたよりも紙の本を読んでいる時と差はありません。やはり便利なのはkindleさえあれば何冊もの本を持ち歩けると言う点ですね。

 もちろん他にも電子書籍を読む端末はありますが、電子書籍だけで良いと言う場合はkindleをお勧めします。

 私は他の端末は試し事がありませんが、kindleは文字がくっきりと見えるので凄く読みやすいです。長時間読んでいても疲れないですし、持った感じもちょうどよく手に収まるのでずっと読んでいられますね。

 アマゾンで購入できるので以前からアマゾンを利用していた私としては安心感があります。

 新刊ですと紙の本なら売り切れる事もあったり、配送まで時間がかかる事もありますがkindleなら読みたい時にすぐダウンロードして読めるので本好きとしてはたまりません。一冊の単価は紙の本より少しお値段が安いのでコスト的にも嬉しいですね。

(評価・口コミ投稿:20代、男性)

 

f:id:blo0001:20150214114317g:plain評判通り大満足のタブレット、kindle fire hdx

 私は本が好きだ。他に趣味がないこともあり、暇があれば本屋に行き、気になる本があれば好きなだけ買っていた。

 また、職業柄、数年毎に引越しがあり、その度に買い集めた本を一冊づつ眺め、再読したいものだけを残し、他は売却してきた。

 読み直したいものだけを残してきたとはいえ、千冊を超える本を新居に入れることは限界となり、これまで本は集めたものを並べて背表紙を眺めることが良いとかたくなに信じていた私も、電子書籍を試してみることとした。

 ネットで端末の口コミ、使いやすさ、ストアの充実度を調べてみる。電子書籍はスマホでも読めるとのことだが、画面が小さいため却下。専用端末にする。その中で、シンプルな読書機能だけでなく、画像・音楽に優れるKindle Fire HDXを最終的に選んだ。

 若干重めとはいえ、普段、新書を持ち歩く私には問題ない。また、読書に飽きた際にネットに繋ぎ、高画質の映像、高音質の音楽を楽しむことができる。ストアも、普段からAmazonを使っていることもあり、使いやすい。個人の設定もそのまま使える。

 さらに、他のストアに比べ比較的本単価もやすいようだ。若干、取り扱う本が少ないようだが、電子書籍化の要望を出すことができるので、特に新発売直後に読みたいわけでもない私は気長に待てばよい。いいことずくめで大満足である。

(評価・口コミ投稿:40代、男性)

 

f:id:blo0001:20150214114317g:plainkindleは紙の本と変わらない読みやすさです

 kindle paperwhiteを使っていますが、反射しないディスプレイのため、明るい日差しの中でも問題なく読めむことができます。また、バッグに入れてもかさばらず軽いので、朝の通勤時や休憩時間などに気軽にダウンロードした本を読むことができます。それに、丁度良い明るさなのと、文字サイズを調節できるので、目も疲れません。  それから、読んでいる時に単語をタッチすると辞書がポップアップで表示されるので、分からない単語も直ぐに理解することができて便利です。

 他のタブレットのようにメールやアプリなどの機能が付いていませんが、その分読書に集中することができますし、1回充電しただけで、約1週間読書を快適に楽しむことができます。

 以前は、読み終って本棚に収まりきらない本が部屋の隅に積み上げられていて、せっせとAmazonnで売ったりしていましたが、今はkindleに好きな本を何千冊も収納して持ち運べるので、とても便利になりました。本の価格もkindle価格の方が断然安いし、ダウンロードして直ぐに読めるのが嬉しいです。

 初めは、紙の本に慣れ親しんだ私にとって電子書籍は抵抗がありましたが、使ってみると紙の本と変わらない読みやすさにすっかり馴染んでしまっています。

(評価・口コミ投稿:匿名)

 

f:id:blo0001:20150214114317g:plainKindle Fire HDX 7の口コミ

 タブレットのほうが色々できる 編集  最初は電子書籍を読めるだけのデバイスを買おうと思ったのですが、少し値段は上がってもKindle Fire HDX 7タブレットのほうが色々できることが増えるので評判がいいこの機種を購入しました。

 Kindleで電子書籍を購入することが多いので、Kindleストアとの親和性がまず良くてそこは非常にいいところであるなと感じます。メモリ容量も64GBあるので、私の場合すべての購入した電子書籍をダウンロードしても問題はなさそうだと感じます。

 たくさんダウンロードしても、動きのもたつき感はあまりないのでストレスに感じにくく、読書に没頭できます。画質もきれいになっているので、文字つぶれもなくて文字の輪郭も分かりやすいので読みやすいなと感じます。

 またバッテリーの持ちもなかなかなので、バッグに入れっぱなしでも一週間近く私のケースでは充電しなくていいので、読書のためのKindleデバイスとして重宝しています。読書機能だけでなくWebブラウジング機能や、動画や、音楽などのバラエティーに富んだ使い方もできるので、読書以外の時でも役にたっています。

 Wi-Fiもついているので、自宅以外でのダウンロードやWeb閲覧にも問題ありませんでした。口コミで見て心配だった重さも最初は重いかなと思っていましたが、固定して使うぶんにはあまり重さを意識はしません。

 大きさもカバンにも入りやすいサイズなので、本を持つよりこっちのほうが軽いし小さくコンパクトだし良いと思っています。

(評価・口コミ投稿:30代、女性)

 

f:id:blo0001:20150214114317g:plainKindle Paperwhiteのオススメのポイント

 ■電池の持ちがいい 毎日持ち歩いて読んでいますが、1週間は充電しないでも平気です。 私のコツとしては、普段は通信機能を機内モードにして無駄な電力消費を避けています。

■目に優しい Paperwhiteの画面はまるで照明の下で紙の本を読んでいるかのようで、画面全体が優しく照らされている感じです。 液晶のような眩しさはないので、暗い環境でも目が疲れずに読めます。

■見た目がシンプル 黒一色でマットな質感で、薄くて片手で簡単に扱える大きさです。 人目の多い公共の場所で使っていても悪目立ちしないと思います。 私は特にカバーなどつけずにそのまま使っていますが、傷もつきにくいようです。

■軽くて何冊でも持ち歩ける 紙の本との一番の違いは、何冊持ち歩いても荷物が重くならないことです。 外出先である本を読み終わってしまったとき、Kindleならそのまますぐに違う本を読み始めることができます。 例えばマンガ本や資格本など、周りの人に読んでいることを知られたくない本であっても何冊もこっそり持ち歩けるので便利です。

■Wi-Fiだけの機種でも結構使える 3G回線が使える機種もありますが、マンガや挿絵が多い本はWi-Fiでないとダウンロードが大変です。 私は本のダウンロードには主に自宅の無線LANを使用しており、外出先でダウンロードしたくなったときには駅やカフェのWi-Fiを利用しています。 むしろダウンロード時以外は通信機能を機内モードにしているので、3G回線がなくて困ったことはありません。

(評価・口コミ投稿:匿名)

 

f:id:blo0001:20150214114317g:plain読まず嫌いはやっぱりダメですね

  「電子書籍なんて本じゃないよ。やっぱり紙じゃないとね」すこし前の私はそう思っていました。人よりもたくさんの本を読んできたからこその考えだったのですが、1番大切なことを忘れていました。それは「読まず嫌いはだめだ」ということです。

 きっかけは知り合いが「kindleで無料の本を出したから読んで見てよ」と言ってきたことでした。kindleタブレットを購入し無料の本もあるんだな、とストアを眺めていると有名な作家の本がたくさん。

 マイナーな作家や海外の本、マンガまであるではありませんか。  ぽちぽちとダウンロードボタンを押していたらいつのまにかダウンロードした本は100を越えていました。

 とりあえず読んでみようと画面をタッチしてみると思っていたよりも変な感じはしない。紙の本でなくても物語を読むことには全く支障がありませんでした。それどころか非常に読みやすい。文字の大きさ、画面の明るさを変更することもできて目に優しい。なにより軽い。何も持っていないかのよう。

 紙の本に触れているよりもkindleで本を読んでいる時間のほうが長くなるまではあっという間でした。今までは電子書籍を試しもせずに避けていたけどそれは選択肢を自分で狭めていただけなのだな。

 どんなことでも、それを試しもせずに批判するのは良くないなということを気づかされました。

(評価・口コミ投稿:40代、男性)

 

f:id:blo0001:20150214114317g:plain個人的には満足できるタブレット

 まず感想を言ってしまえば、kindle fire HDは個人的には満足できるタブレットであり、壊れない限りは乗り換えなどを考えていません。購入当時、セールをやっていたことも後押しになりました。確か充電器と合わせて15000円だったか、それ以下の価格で売り出されていたと思います。

 タブレット未経験であることもあって安くて良さそうな、信頼できるところから出ているタブレットを探してた私にはうってつけの価格帯でした。

 もちろん前もって調べていて、正規では「Google Play」が使用できないことがネックだとは思っていましたが、まあなんとかなるだろうと購入しました。

 実際使ってみると、予想以上にサクサク動いてくれることは嬉しい誤算でした。とにかく安いこともあって、もっともっさりした動きなのではないかと危惧していたんですが、アプリなどをガンガン使っても問題なく動作してくれて満足しています。

 最近使ったアプリが横並びにずらっと並ぶ独特のインターフェースは違和感などありませんでした。そもそも他のタブレットの記憶がない私にとっては問題なかったですし、使いにくさも感じません。

 ただ「お気に入り」登録しているアプリを右下に常にある星形の「お気に入りボタン」から立ち上げる事が多いので、インターフェース自体の利用頻度は低いかもしれません。  感動したのは本です。文庫であっても漫画であっても、実に読みやすく、読書に使う機会が増えました。

 さらにスピーカーからの音もいいので、音楽をかけながら読書をするということを楽しめていますし、不満はほとんどないタブレットです。

(評価・口コミ投稿:匿名)

 

※まだまだ皆様の評価・評判や口コミ、感想やお試し体験談を大募集中です!

 

     

 

※記事中に記載されている値段やサービスの詳細はは変更されている場合がありますので、公式ホームページでご確認下さい。

※当サイトの口コミや評価・評判などのコンテンツの無断使用、転用は禁止です。

mino0001

FC2ブログへようこそ!