ドコモ口座Visaプリペイドカード

クレジットカード
03 /20 2015

f:id:blo0001:20150227164413g:plainドコモ口座Visaプリペイドカードの特徴

 ドコモ口座Visaプリペイドは、Visaマークがあるネットショップで使える支払い方法で、代金は即時にドコモ口座から引き落とされて支払われます。入会審査はなく、プラスチックのカードは発行されず、カード番号が発行され、クレジットカードのように番号を入力して支払います。

 使い方は、ドコモ口座を開設して入金し、ドコモ口座のサイトでカード番号やセキュリティーコードを発行します。入金手続きは、ドコモ口座のサイトで入金額を入力し、発行されたPay-easy(ペイジー)の収納機関番号、お客様番号、確認番号を控え、インターネットバンキングまたはコンビニで支払います。

 入金額は1000円または2000円以上10万円以内であれば、1円単位で決めることができます。利用時にドコモ口座の残高が不足していた場合は、設定をしておくと、電話料金に合算して請求され、2万円まで後払いにできます。

 ドコモ口座に残高がある場合、それを使わずに後払いのみで支払うことはできません。 口座維持手数料と入金手数料は無料で、カード番号の管理や利用明細の確認は携帯電話で行います。また、口座に入金したお金は、携帯電話番号などを指定して送金する、支払期限が到来していない携帯電話料金に充当する、銀行口座に払い出すといったこともできますが、手数料がかかるケースがあります。

 カードの名義はニックネームでも発行でき、ニックネームはサイトで変更できます。 「定期パックプラン」に登録すると、3年間有効な「レギュラーカード」を利用でき、有効期限が近くなると自動的に新しいカードが発行されるので、よく使う方に向いています。

 また、有効期間が10日間の「ワインタイムカード」を何度でも発行できるので、セキュリティが心配な方でも安心です。それに対して、「ワインタイムプラン」では、カード番号の有効期限は発行日後10日間で、ワンタイムカードの番号は発行の度に変わります。

 これらのカードは利用限度額を設定でき、VISA認証サービスも利用できます。 ドコモ口座Visaプリペイドは、FOMAかXiを契約している18歳以上の個人で、iモードまたはspモードを利用している方を対象としています。

 ワンタイムプランは、月額料金が無料で、1回の発行につき税抜100円の手数料がかかり、定額パックプランは税抜200円の月額料金がかかりますが、発行手数料は無料です。海外サイトで外貨建ての支払をすると、3.6%の事務手数料がかかります。

 

※まだまだ皆様の評判や口コミ、感想やお試し体験談を大募集中です!

 

ドコモ口座Visaプリペイドカード (公式サイト)

※記事中に記載されている値段やサービスの詳細はは変更されている場合がありますので、公式ホームページでご確認下さい。

※当サイトの口コミや評判などのコンテンツの無断使用、転用は禁止です。

mino0001

FC2ブログへようこそ!