BIGLOBE(ビッグローブ)

格安SIMカード
04 /24 2015

格安simカード「ビッグローブ」の評判や口コミ、特徴

f:id:blo0001:20150227164413g:plainビッグローブBIGLOBE格安simカードの特徴

 ビッグローブBIGLOBE LTE・3Gには、音声SIMとデータSIMがあり、BIGLOBEのインターネット接続コースを契約している人が申し込めて、余ったデータ容量を翌日に繰り越すことができます。

 ビッグローブBIGLOBEの音声SIMは、LTEデータ通信に加え音声通話とSMSを利用できます。1GB、3GB、6GB、10GBのプランがあり、月額料金はそれぞれ税別1600円、1800円、2405円、4690円です。

 NTTドコモと同じエリアで使えて、30秒あたりの通話料金は、国内であれば10円で、国際通話は20円です。 それに対してデータSIMには3GB、6GB、10GBのプランがあり、月額料金はそれぞれ税別900円、1505円、3790円です。

 ビッグローブBIGLOBEのデータSIMはWi-Fiスポットで利用でき、通信容量には算入されず、アプリを使うと自動でLTEと切り替えられます。SNSの利用はオプションになり、10GBのプランでは最大3枚のSIMカードを利用できます。

 どちらのSIMでも3GB以下のプランで、直近72時間の通信量が120MBまたは360MBを超えると、通信速度が制限されることがありますが、他のプランではその制限はありません。また、音声SIMには12ヶ月の最低利用期間があり、解除料は8000円です。

 

f:id:blo0001:20150214114317g:plainビッグローブbiglobe格安simカードの口コミ評判

 私は去年、長年利用していたdocoomoのガラケーから、評判や口コミが良かったSHARPのAQUOS PHONEとbiglobeの格安音声simエントリープランのセットにMNPを利用して乗り換えました。

 乗り換えの検討中には携帯メール(キャリアメール)が利用できなくなるのが少し寂しく感じていましたが、SMSも利用できるし、もともとメールをあまりするほうではないので実際に利用し始めても寂しくは感じませんでした。

 MNPを利用する際にはdocomoに連絡をして予約番号を発行してもらいましたが、その際にオペレーターの方からスマホ購入時に使用できる特別値引券をプレゼントするので何とか考え直せないかと慰留を勧められましたが、すでに決意は固くお断りしました。

  私が申し込んだプランはエントリープラン利用し始めた当初は高速で利用できる容量は月に1Gでしたがすぐに2Gになり、2015年には3Gになりました。

 使い慣れるまでは1Gではすぐに使い切ってしまうのではないかと思ってこまめに「オートコネクト」というアプリを利用して通信料のデータを確認していましたが、私の場合は実際には月に300Mも使っていませんでした。

 なぜかというと、自宅では自動でWifiに接続されるように設定していて、外出先でもマックやスタバに行けばWifi接続が無料なのです。ですので大きいサイズのものをダウンロードする際に通信制限がかかりそうであればそういった場所やサービスを利用すればまったく問題ありません。

 また費用や値段関しては正直ガラケー時代とほとんど変わりませんでした。ガラケーの時はほぼ基本使用料のみで2千円もしておりませんでしたが、現在でも同程度です。

 通話料もアプリを使えば通話料金もほとんど気にならない程度ですので、携帯メールアドレス(キャリアメール)が利用できない点が気にならなければ非常におすすめです。

 現在では交通情報の確認やナビの代わり、メールにLINE、SMSと、非常に役立ってくれています。

(口コミ投稿:37歳、男性)

 

※まだまだ皆様の評判や口コミ、感想やお試し体験談を大募集中です!

 

 

※記事中に記載されている値段やサービスの詳細はは変更されている場合がありますので、公式ホームページでご確認下さい。

※当サイトの口コミや評判などのコンテンツの無断使用、転用は禁止です。

※<ワイモバイルオンラインストアはこちら

mino0001

FC2ブログへようこそ!